機構発足で年金増額ケース大幅減(産経新聞)

 今年1月に社会保険庁を引き継いだ「日本年金機構」が発足して以降、記録訂正で年金額が増えるケースが、大幅に減っていることが1日、分かった。昨年11月第2週以降は毎週1万件を超えていたが、1月以降は5000件台に半減している。機構は年金記録のぞき見など過去に懲戒処分歴のある社保庁職員の採用を禁止しており、不採用となった職員の中に記録訂正に精通したベテラン職員が多数含まれていた影響が出たものとみられる。

マダムシンコ会長宅に空き巣=貴金属など3億円被害−大阪(時事通信)
「規制仕分け」も検討=行政刷新分科会、来月スタート(時事通信)
【日本の議論】殺人の時効廃止に賛否(産経新聞)
架空債権36億円詐取容疑、消費者金融元社長ら逮捕 流動化取引悪用で初立件(産経新聞)
関東、九州で春一番=昨年より12日遅い−気象庁(時事通信)
[PR]
by ovng6svkhv | 2010-03-05 22:56