福島消費者相、原子力委員人事に署名=社民対応は今後議論(時事通信)

 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は23日午前の閣議後の記者会見で、同党が反対している原子力安全委員会委員に班目春樹東大大学院教授を充てる国会同意人事案について、閣議で署名したことを明らかにした。
 福島氏によると、平野博文官房長官と22日に電話で協議し(1)同意人事の決定手続きの改善(2)原発推進派の班目氏の公正な職務執行−を要求した。これに関し、福島氏は会見で「2点についてある程度(の回答を)獲得できた。今回は反対だが署名をする」と述べた。
 ただ、社民党の賛否については「党がどういう対応をするかはきちんと議論する」と述べるにととどめた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

来週にも谷垣−与謝野会談 邦夫氏は「あわてない、急がない」(産経新聞)
「今の体制で医師増員を」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
センバツ 小林繁さんの教え子夢舞台に 敦賀気比の3選手(毎日新聞)
<将棋>久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け(毎日新聞)
<生体肝移植>切り取る肝臓を小さくできる手術法を開発(毎日新聞)
[PR]
by ovng6svkhv | 2010-03-24 03:17