年中行事「初午」の飾り付け 杉並区(産経新聞)

 杉並区大宮の区立郷土博物館では、館内にある古民家裏の稲荷(いなり)社で、「初午(はつうま)」の飾り付けを展示している。

 初午は立春を迎えて最初の午の日に、稲荷神をまつる地域の稲荷社などに、のぼり旗やだじゃれを書いたあんどん「地口行灯(じぐちあんどん)」などを飾り、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛などを願った年中行事。

 郷土博物館は「区内には稲荷神をまつる神社が6社あった。地域に伝承された初午行事を区民に見てもらい、伝えていきたい」としている。14日まで。

福田組が5億円所得隠し=地元対策費を経費計上−関東信越国税局(時事通信)
毎日新聞記者、無免許運転容疑で摘発(読売新聞)
追い抜かれ立腹、信号待ちのトラック運転者殴る(読売新聞)
保護の少女、警察にSOS10回…宮城3人殺傷(読売新聞)
書道家襲われ負傷、強盗か=「仕事人」題字手掛ける−大阪府警(時事通信)
[PR]
by ovng6svkhv | 2010-02-14 19:57