国民新党の亀井静香代表は15日、党本部で社民党の福島瑞穂党首と会談し、参院選の社民党公認候補3人に対する推薦状を手渡した。推薦するのは現職の近藤正道氏(新潟)と、新人の日森文尋(埼玉)、大川朗子(大阪)の両氏。亀井氏は選挙協力の代わりに、郵政改革法案の成立に協力するよう求め、福島氏も「一緒にやる」と応じた。

【関連ニュース】
社民党:近藤氏が無所属で出馬 参院選新潟
ファイル:参院選 社民・近藤氏、無所属で立候補
参院選’10新潟:社民・近藤氏、無所属で出馬 党本部に伝達 /新潟
参院選’10新潟:近藤氏、無所属出馬へ 他陣営は影響懸念 /新潟
参院選’10新潟:社民連立離脱 近藤氏の再選戦略に影 /新潟

<盗難車衝突>ナンバー不正で容疑者逮捕 愛知・豊川(毎日新聞)
九州全域での対策強化=口蹄疫で合同本部―国交省(時事通信)
<傷害>自転車の女性が男に腕切られ軽傷 愛知・東海(毎日新聞)
<小倉祇園太鼓>提灯作り追い込み(毎日新聞)
大学側の出張費管理にも問題、「新たな仕組み必要」 阪大院不正経理疑惑(産経新聞)
[PR]
by ovng6svkhv | 2010-06-19 02:53
 ファーストレディーとなる菅伸子夫人(64)は、菅直人新首相とはいとこ同士で、1歳年上の姉さん女房。新首相の政治活動を支え続けてきた、「戦友のような」(新首相)存在だ。普段は舌鋒(ぜっぽう)鋭い新首相も、夫人の前ではおとなしくなる。
 行動力も飛び抜けている。新首相の地元での活動を積極的に引き受け、国政選挙では民主党候補の応援演説で地方を飛び回り、自らマイクを握る。2004年5月、民主党代表だった新首相が年金未納問題を指摘された際、夫人が新首相に代わって、「未納といわれるが、払いようがない状態だった」などと釈明した。
 飾らない性格で、新首相が自宅で番記者と懇談しているところに加わることもたびたび。夫人の勢いに押された新首相の口がとたんに重くなる場面もあった。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕菅民主党代表と小沢幹事長=菅首相誕生
〔写真ニュース〕一礼する菅民主党代表=菅首相誕生
〔写真ニュース〕菅首相が誕生、8日組閣へ

警察庁、万引調書を簡素化 届け出増加狙う(産経新聞)
樽床氏、記者会見開放「判断にもう少し時間を」(産経新聞)
泥酔で保護の男性、警察署内で自殺図り重体(読売新聞)
連立合意順守を確認=参院選、国会対策でも協力―国民新・社民(時事通信)
<訃報>アンドレイ・ボズネセンスキーさん77歳=露の詩人(毎日新聞)
[PR]
by ovng6svkhv | 2010-06-08 11:18